ゲームセカイ
ゲームセカイ

ゲーム攻略やプレイ日記、レビューがメインのブログです。

はじめてゲームプログラミング 「カウンター」の特徴と基本的な使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「カウンター」の基本的な使い方についてのメモです。

「カウンター」は、入力された値を使って数をカウントし、その結果を出力するノードンです。

ゲーム作りに欠かせないノードンの一つで、色々な場面で使用することになります。

はじめてゲームプログラミング カウンター

「カウンター」の設定画面

「カウンターノードン」の設定画面では、カウントの初期値や、カウント方法、カウントする範囲などを設定できます。
 

設定「スタートのときのカウント」
「スタートのときのカウント」では、カウントの初期値を設定できます。

値は、-1000〜1000の範囲で設定可能で、変更を加えなければ、「0」からのスタートとなります。

「カウンター」をリセットすると、この項目で設定した値に戻ります。
 

設定「モード」
「モード」は、値のカウント方法を設定する項目です。

「制限なし」、「はんい制限」、「ループ」、「おうふく」から選択可能です。

初期状態は「制限なし」で、「カウントはんい」がオフになっています。

各「モード」の違いについて
 

設定「カウントするタイミング」
「カウントするタイミング」は、入力された値を、カウントに加える(カウントから差し引く)タイミングを設定します。

初期状態は「0以外の時はずっと」で、入力ポートに「0以外」が入力されている間は、カウントを続けます。

「0から変わったしゅんかん」は、入力値が「0」から「0以外」に切り替わった時だけ、カウントします。

例えば、「ボタンノードン」を「カウンター」の入力に接続した場合、「0以外の時はずっと」では、ボタンを押している間はカウントが続き、「0から変わったしゅんかん」は、ボタンを押すごとにカウントされます。

「カウンター」の「モード」について

「モード」は、値のカウント方式に関する設定です。
 

モード「制限なし」
「制限なし」は、カウントに、上限・下限の制限を設けません。

「カウンター」への入力が続く限り、カウントの加算・減算を続けます。

初期状態の設定です。
 

モード「はんい制限」
「はんい制限」は、カウントに、上限・下限の範囲を設定します。

「カウンター」への入力が続いても、カウントが、上限・下限の範囲を超えることはありません。

「カウントはんい」は、-1000〜1000の間で設定可能です。
 

モード「ループ」
「ループ」は、設定した範囲内で、カウントをループさせます。

例えば、カウント範囲を「0〜100」に設定し、初期値「0」から「1」ずつカウントを増やす場合、カウントが上限の「100」に達した瞬間、下限の「0」に戻ります。

カウントは、「0」→「1」→「2」…「98」→「99」→「0」という動作になるため、「カウンター」から上限の「100」が出力されることがない点に、注意が必要です。

逆に、下限の「0」は出力されるので、カウントを減らす時は、「0」→「99」→「98」…「2」→「1」→「0」という動作となります。
 

モード「おうふく」
「おうふく」は、設定した範囲内で、カウントを往復させます。

例えば、カウント範囲を「0〜100」に設定し、初期値「0」から「1」ずつカウントを増やす場合、カウントが上限の「100」に達すると、今度は、下限の「0」に向かって「1」ずつ減るようになります。

カウントは、「0」→「1」→「2」…「98」→「99」→「100」→「99」→「98」…「2」→「1」→「0」という動作になります。

カウントが下限に達すると、再度、上限に向けて増えるように、自動で切り替わります。

「カウンター」の基本的な使い方

「カウンターノードン」には、「増やす」、「減らす」、「リセット」の、3種類の入力ポートが用意されています。

「増やす」か「減らす」に、「0以外」の値を入力すると、その値を使って、カウントが加算・減算されます。

カウントの結果は、「カウンター」の出力ポートから得ることができます。
 

初期設定では、「0以外」の値が入力されている間、カウントが継続します。

「カウンター」が、数をカウントするペースは、1秒間に、約60回です。

例えば、「定数:1」を「カウンター」の「増やす」に接続すると、1秒につき、約60ずつ、カウントが増えることになります。

カウント回数は、処理速度によって変化するため、シンプルなプログラムと、複雑なプログラムでは、動作が異なる場合があります。
 

カウントの「リセット」
「カウンター」の「リセット」に「0以外」の値を入力すると、カウントがリセットされ、初期値に戻ります。

カウントの初期値は、「カウンター」の設定画面で変更可能です。
 

複数の入力ポートに、同時に「0以外」が入力された場合、「リセット」が優先されます。

「リセット」のポートに、値の出力を続けるタイプのノードンを接続すると、リセット状態が続いてしまうため、使用の際は注意が必要です。

スポンサーリンク

  関連記事

はじめてゲームプログラミング 「マッピング」の特徴と基本的な使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「マッピング」の基本的な使い方についてのメモです。 「マッピング」は、入力された値を、指定した範囲に割り当てる形式で変換するノードンです。 使い方を覚えればプログラムを簡略化できるので、色 …

はじめてゲームプログラミング 「タイマー」の特徴と基本的な使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「タイマー」の基本的な使い方についてのメモです。 「タイマー」は、「1」を出力するタイミングや、出力を続ける時間を、秒数で指定することができます。 ゲーム内で発生させるイベントを、時間で管 …

はじめてゲームプログラミング 「ヒンジれんけつ」の基本的な使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「ヒンジれんけつ」の基本的な設定や使い方についてのメモです。 「ヒンジれんけつ」は、「モノノードン」同士を、回転可能な状態で繋ぎ合わせることができます。 慣れないうちは、X・Y・Zの回転方 …

はじめてゲームプログラミング 「フリースライドれんけつ」の特徴と使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「フリースライドれんけつ」の特徴や使い方についてのメモです。 「フリースライドれんけつ」は、3方向への移動を指定できる「れんけつパーツ」です。 連結した「モノ」を、同時に複数方向へスライド …

はじめてゲームプログラミング 「スライドれんけつ」の基本的な使い方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』の、「スライドれんけつ」の基本的な設定や使い方についてのメモです。 「スライドれんけつ」は、「モノノードン」同士を、スライド移動ができる状態で繋ぎ合わせる「れんけつパーツ」です。 使い方を覚え …

はじめてゲームプログラミング 「ジャンプ台」の作り方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』で、「ジャンプ台」を作る方法についてのメモです。 アクション系のゲームでは、キャラクターを空中に跳ね上げる「ジャンプ台」が登場することがあります。 今回は、通常のジャンプより高く「ヒト」を飛ば …

はじめてゲームプログラミング 「自動ドア」の作り方

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』で、「自動ドア」を作る方法についてのメモです。 「モノノードン」を特定の方向に移動・固定する「スライドれんけつ」や、「モノ」が触れているかをチェックできる「さわっているセンサー」は、ゲーム内の …

はじめてゲームプログラミング 「乗ると動き出す床」を作る方法

『つくってわかる はじめてゲームプログラミング』で、「乗ると動き出す床」を作る方法についてのメモです。 アクションゲームでよく見かける「動く床」は、「スライドれんけつ」と「カウンター」を組み合わせることで、意外と簡単に作れます。 さらに「セ …